CQ山からこんにちは(田村市 片曽根山 FS-143)

CQ山からこんにちは(田村市 片曽根山 FS-143)

郡山市街地から見える片曽根山。この山は昔から「三春富士」と言われ、郡山から東に遠く見える山は「みちのくの富士山」として親しんできました。

中央右 富士山のように見える片曽根山 左は移ケ岳

現在は田村市となっていますが、市制以前は船引町の中央に鎮座する信仰の山だったようです。標高は719mで阿武隈山系では市街地に最も近く山頂直下まで車でも上ることができ、サンダル履きで登れる珍しい山です。

この近場で登山を楽しむには北側にある移ケ岳。1時間程度で登れる手軽な山です。

標高994mの田村市の秀峰です。

片曽根山への道順

国道288号線を船引地区に入ってすぐに、右側に片曽根山登り口の案内があります、道なりに上ると途中に福祉センター等があり温泉を楽しむことがあります。
健康を考えて途中から登山を楽しむこともできます。
阿武隈山系には珍しいクマ注意の看板。異常気象のせいか?クマが人間慣れしたのでしょうか?
車で頂上まで進むと数10台止められる駐車場があり、そこから歩いて数分で山頂に登頂します。
駐車場のすぐ上の山頂
山頂には国土交通省の大きなアンテナと、NHKを含む民放各社の中継アンテナそのほかに携帯各社の中継。おまけに地元のアマチュア無線のリピーターまで上がっていました。
山頂から見える関東方面は見晴らしは良く、那須連山がきれいに見えます
左に雪をかぶった那須連山、右に二岐山がみえます。

片曽根山の歴史的遺物

西側奥の駐車場から山頂への登り口に33観音の立て札が。足場が悪いのでサンダル履き禁止。
江戸時代後期に疫病を退散させるために村人が作ったとされており、素朴な線刻ですがほほえましい姿が刻まれています。
片曽根山の西斜面に点在していることから、西方浄土にすがる村人の祈りの心が見えます

本日のお供のアンテナ

144MHzは青梅市の市制制定の記念局と交信。
144MHzは5ELの八木アンテナ、Qマッチが接触不良でSWRが1:1.5以下に下がりません。Mコネのピンが緩んでいるようです。       無線機のダメージを考え430MHzに切り替えて運用
いつも使用する13EL×2のHB9CV アンテナ
13ELの効果は神奈川愛甲郡の移動局、まずまずの成果です
結構威力のある八木(HB9CV 13EL スタックです)430MHz 移動用14ELスタック(アンテナ製作 第8弾)
14ELだったのですが、登山時に負傷して短くなっています(思いっきりブームをカットしました)
本日は1.2GHzの運用なし

片曽根山からの交信エリア

埼玉県  川口市 寄居町 深谷市    茨城県  結城市  群馬県  伊勢崎市 児玉郡
東京   青梅市 東久留米市     神奈川県  横浜市 愛甲郡 大和市
長野県  八ヶ岳登山口        静岡県   静岡市   山梨  富士山剣が峰
手県  遠野市 一関市

山頂は全方向が開けていますが上越、石川方向は奥羽山系が影響して伸びが悪いようです。