CQ山からこんにちは(郡山市/小野町 一盃山 FS-120)

CQ山からこんにちは(郡山市/小野町 一盃山 FS-120)

郡山市の東部にある山で右から二ツ石山、一盃山、日影山(小野町)3つ並んだ山系が見えます。中央にお椀を伏せたような山が一盃山です。

三兄弟の真ん中 田母神地区の秀峰「一盃山」

山の上がなだらかなので855mの点に三角点があるのですが、山頂の看板が山頂広場(太志の広場)の近くにあり、その上に音の岩という展望の開けた場所があります。

麓から見て盃を伏せたように見えるので一盃山と呼ばれています。
佐党の身としては登っておかなければならない山です。
山頂に広い広場がある珍しい山です

道順

国道49号線をいわき方面に進む。田母神地区に入ると県道13号線の交差点に付きます。13号線を小野町方面進むと急な上り坂の手前に左折の案内坂あり
見落とすと小野町に行きます。左折してください。

しばらく進むと右手方向看板あり

この先進むとすぐに馬場登山口駐車場

右手に広い駐車場があります

坂を登ると10台ほど駐車可能な駐車場。
身支度を整え道なりに進むと左方向曲がれの案内板(山と反対方向なのでちょっと戸惑うがそのまま進む)親切な案内板に導かれてのんびり山登りです。
登山道は整備されておりダラダラと登ると0.5kmの案内板
ここさえ登れば後はフラット。さんぽのペースで歩けます

出たー‼太志の広場

山頂とは思えないひろ~い広場です

大使の広場の端っこの方に山頂の看板がありました

どこが山頂かわかりません 山頂の三角点は別の低い場所にあります
標高が高そうな場所は音の岩と言われる。いかにも山頂と思われる岩山です
大きな岩がごろごろ。この石を踏むと音が出る?下駄でも履いて来れば(^^♪から~ん ころ~ん)

SOAT登録の場所?

一盃山はFS-120  860mとなっていますが、国土地理院の山頂は855mやはり「音の岩」地点がSOAT山頂登録なんでしょう。

眺望が開けているのは「音の岩」なのでここでアマチュア無線の実験をします

音の岩からFS-92の蓬田岳 標高952mはやっぱり高いですね

いつもの5エレHB9CVスタックです

弟の二ツ石山がすぐ隣に見えます

交信局数

梅雨の合間での登山です。標高の高い山で電波を出している人は少ない様です。
都内固定局や千葉、横浜、前橋、甲府の局長さんとコンタクトが出来ました。北は登米市、三陸町とそこそこ電波は飛ぶようです。関東エリアの固定局はほとんど富士山反射などでアンテナの向きはどうでもよさそうですね。
1エリア10局。7エリア6局でした。お天気の雲行きが怪しいので昼過ぎに撤収致しました。

今日の道草

いつもは近隣の史跡や記念物等の物見遊山なのですが本日の道草は本物の道草です
太志の広場に群生する蕨!蕨! 埼玉県の人が近くにもあるよ!と言っていました。それって蕨市?
ちょっと時期が遅かったようですが、葉の開いていない蕨も沢山出ていました。家に帰ったら一盃山のツマミで・・・・・あく抜きしないとならないので明日以降か・・・・( ;∀;)

一盃山には他にも頼もしい 🍶のアテが

山菜の女王 山アスパラ(シオデ)

確かに穂先はアスパラの様になっています。茎のハカマもアスパラによく似ています
ゆでるとアスパラ特有の甘い香りが・・・生でも食べてみましたが…ちょっとピリっとしますが体調に不調はありませんでした。

収穫日の晩酌は一盃山のシオデで一盃。翌日はあく抜きした 蕨で二盃・・・・で終わるかな?